韓国アガシ紹介、韓国ソウル夜遊び・風俗ツアー情報、最新芸能ニュースは韓国アガシドットコム

韓国アガシドットコム
韓国アガシ

韓国夜遊び情報

韓国カジノ

2012年6月19日 by 韓国アガシ in 韓国夜遊び情報

ソウルの中心で、ギャンブルに興じる

カジノというと、未経験の方にはまるで未知の世界、なかなか気軽に訪れにくいかもしれませんよね。でもせっかくの海外旅行、外国人の特権を生かしてドキドキハラハラの雰囲気を味わってみるのもご一興。というワケで、コネスト記者もこれを機に思い切って突撃取材してみました~!

「セブンラックカジノ ミレニアムソウルヒルトン店」は、韓国観光公社の子会社「グランドコリアレジャー」が運営するカジノで、ソウル江南店に続く2号店。ミレニアムソウルヒルトンホテルに直結しているので、宿泊客がよく訪れます。立地もよく、地下鉄1、4号線とKTX(韓国高速鉄道)の通るソウル駅から徒歩10分!ファッション一番街・明洞(ミョンドン)や南大門市場と近いため、観光のあいまに立ち寄るお客さんも多いとか。

コンセプトはラスベガスの華麗さ!

ソウルに2店、釜山に1店を展開するセブンラックカジノは、3店全てにそれぞれ違う3つのコンセプトがあります。「ソウル江南店」は『韓国的な伝統美』、この「ミレニアムソウルヒルトン店」は『ラスベガスのような華やかさ』がコンセプトです。また釜山ロッテ店は『品格高いヨーロッパ風』なんだとか。

インテリアは全体的に華やかでオープン。海の中にいるような壁絵や水のせせらぎなど、何だか涼しげでさえあります!思ったより格式ばっておらず、何だか初めての人でも行きやすそう。ラスベガスをイメージしているだけあって、より観光客向けといえそうです。
また、他とは仕切りで区別されたVIP席も用意され、VIP専用の受付、ラウンジまであるんだとか。何とも豪華ですね!

セブンラックカジノ

Walker Hill Casino

カジノをする前に・・・入場制限にご注意

カジノは外国人専用で、満19歳未満は入場不可。ただし在外韓国人の方は入場可能です。現地の韓国人は中に入れないので、待ってもらうときは、ホテルの施設を利用しましょう。韓国人のツアーガイドさんも例外じゃないので、気になることはスタッフに直接どうぞ!入場する際はパスポートのチェックが厳しく行われるので、パスポート(原本、コピーは不可)を持っていくのを忘れないようにご注意!

◀ 韓国籍でもパスポートの「TYPE」欄に「PR」と記載されていればOK

気になるドレスコードですが、ジーパンなどの軽装でも大丈夫とのこと。実際、ポロシャツにデニム、スニーカーやサンダルなんて人も結構いました。といってもスリッパや、男性のタンクトップ、短パン、ジャージなどのラフすぎる軽装は、場にふさわしくないです。それから、安全性の確保のために、帽子・ロングコート・サングラスの着用と大きなカバンの持ち込みはNG。これらの荷物は入口の案内デスクで預かってくれます。また、場内は写真撮影が禁止です。カメラも預けてくださいね。

いざ、カジノ内部へ!

まずは入場したら、すぐ左にある両替所で現金をチップに交換します。韓国ウォン、日本円、米ドル、中国元、ウォン貨の小切手が使用できます。ウォン貨ならゲーム台で直接替えられるので、そのままゲーム台に行って、始める前にディーラーに言いましょう。

※ ゲームが終わったら、帰る前に両替所でチップを現金に戻します。
このミレニアムソウルヒルトン店は、客の半分が日本人と在外韓国人、そして中国人。もう半分が欧米系なんだとか。8割方は40~50代の男性ですが、そこは若者の行き交うソウルの中心、最近は平均年齢が下がってきているそう。ディーラーなどスタッフは、日本語はもちろん多国語が可能です。

詳しい韓国カジノ情報は。。
http://www.konest.com/data/spot_mise_search3.html?no=20
http://onlinecasinosjapan.com/world/korea/ 

 

Tagged